神棚 日本の家庭では、ご先祖を仏壇に、神さまを神棚に祀る生活が自然に行なわれてきました。
一般の家庭に神棚が祀られるようになったのは、江戸時代初期といわれています。「お伊勢まいり」が流行したこのころ、伊勢神宮のお神札を安置する場所として神棚が祀られるようになりました。昔はどこの家庭にも、どこの商店にもあった神棚は、一家の繁栄、家内安全、商売繁盛、諸願成就といった庶民の心のよりどころとして祀られてきたのです。

最近は、神棚や神具について知らない方が増えています。核家族化がすすんだため、身近に神棚のしきたりに詳しいお年寄りがいなくなったためです。
このサイトでは、神社にも親戚にも聞きづらい神棚や神具、祖霊舎や神徒壇のことを、わかりやすく解説します。
神棚や神具、祖霊舎や神徒壇のことをよく知っていただき、正しい作法で神棚をお祀りしていただけたら幸いです。

神棚の購入前に知っておきたいこと

神棚をはじめて祀る時期は、一般に年末が多いようですが、家の新築や商店の開店、事務所開きのときに、新しい神棚を祀ることも多いです。一家の繁栄、家内安全、商売繁盛、諸願成就を願って、神棚を祀ります。
神棚を祀る場所は、南向きか東向きになる明るくて清浄な場所がよいとされています。見上げる程度の高さに神棚を設けます。
神棚を仏壇と同じ部屋に祀る場合は、神棚と仏壇が向かい合わせにならないように祀ります。お参りするときに、お尻を向けないようにするためです。天井から棚板を吊ることができない場合は、本棚や書庫キャビネットの上に神棚を置いてお祀りします。

神棚にはお神札を祀り神具を供えます

神棚は神さまを祀るための小型のお宮をいいます。神棚はお宮と棚の両方を含んだ名称で、棚そのものは棚板という名称が使われます。
神棚には神社のお神札をお祀りします。神棚のお神札の中心となるのは伊勢神宮の神宮大麻です。次に氏神さまのお神札、さらに自分の崇敬する神社のお神札です。神棚のお神札は毎年新しいものに取り替えます。
神棚のお参りの仕方は、2回お辞儀をし、2回拍手を打ち、1回お辞儀をする二拝二拍手一拝が基本です。
神棚には、扉の正面に鏡をすえて、お米、お塩、お水、お酒、榊、灯明などの神具をお供えします。

神道について・氏神さま・神社参拝の作法

氏神さまは一番身近にいる地域の守り神です。
神社への参拝には、一般参拝と正式参拝の二通りがあります。正式参拝は昇殿参拝ともいい、大麻による修祓の儀、祝詞の奏上、玉串奉奠などが行われます。

伊勢神宮・全国の主な神社

日本には八百万の神というように多くの神々があまねく存在します。その中でも天照大御神をお祀りする日本の総氏神さまである伊勢神宮は別格の神社です。
伊勢神宮のお神札を神宮大麻といい神棚の中央にお祀りします。

祖霊舎・霊璽・神葬祭

神道では霊璽に故人の御霊を移して、家庭でお祀りすることにより、故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。霊璽は祖霊舎の中にお祀りします。
祖霊舎は御霊舎・神徒壇・祭壇宮ともいわれます。祖霊舎は神社のお神札を祀る神棚とは別に安置します。神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。
神道では一般に五十日祭をもって忌明けとなります。

神棚・神具の通信販売


神棚神具・仏壇仏具の通信販売

神棚神具・仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。
ぜひ一度は見に来てください。

神棚神具のご相談・お問合わせ

神棚・神具・仏壇についてわからない事はございませんか?
仏事コーディネーターが無料でお答えします。

仏事コーディネーター
仏事コーディネーター
滝田雅敏

仏事コーディネーター
仏事コーディネーター
滝田祐嗣

仏事コーディネーターとは、神棚仏壇の素材や技法だけではなく、神事仏事の意味やしきたりに精通している資格者のことです。