神棚・神具のことをわかりやすく解説しています。
神棚・神具がよくわかる

神棚の購入前に知っておきたいこと

神棚の種類

神棚は神さまを祀るための小型のお宮をいいます。宮形(みやがた)とも神殿(しんでん)ともいいます。
神棚はお宮(宮形・神殿)と棚の両方を含んだ名称で、棚そのものは棚板という名称が使われます。
神棚には、さまざまな種類のものがありますが、伊勢神宮の社殿の形式である神明造り(しんめいづくり)のものが一般的な形です。ほかに屋根を除いた箱宮型のものもあります。
その中でも、扉が一つの一社宮と、扉を三つ持つ三社宮があります。
また屋根の形には、高さに違いがなく一直線の通し屋根のものと、中央が高く両脇を低くした屋根違いのものがあります。

通し屋根三社(とおしやねさんしゃ)

通し屋根三社

屋根違い三社(やねちがいさんしゃ)

屋根違い三社

中神明(ちゅうしんめい)

中神明

袖付大神宮(そでつきだいじんぐう)

袖付大神宮

一社宮(いっしゃみや)

一社宮

唐戸通し屋根三社(からととおしやねさんしゃ)

唐戸通し屋根三社

極上横通し宮(ごくじょうよことおしみや)

極上横通し宮

箱型高欄宮(はこがたこうらんみや)

箱型高欄宮

神具セット

神具セット
神具セット
神具の並べ方

棚板セット(幕板付)

棚板セット(幕板付)

神棚仏壇の通信販売

神棚仏壇がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。