神棚・神具のことをわかりやすく解説しています。
神棚・神具がよくわかる

祖霊舎・霊璽・神葬祭

霊璽(御霊代)とは

神道(しんとう)では霊璽(れいじ)に故人の御霊(みたま)を移して、家庭でお祀りすることにより、故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。
仏式の位牌にあたる霊璽は、御霊代(みたましろ)ともいわれる故人の御霊が宿る依代で、最も丁寧に扱わなければならない神聖なものです。

葬儀において仮の霊璽を使った場合は、五十日祭までにきちんとした故人の霊璽をつくり、五十日祭が終わると家庭の祖霊舎(御霊舎・神徒壇・祭壇宮)の中にお祀りします。
神道では一般には五十日祭をもって忌明けとなります。

神道では仏式の戒名に当たるものはありませんが、神社の神職から霊号(れいごう)をつけていただきます。
霊号は氏名の下に「命(みこと)」の号をつけた「○○○○命」という霊号が一般に多いです。
「命」の前に、男性の場合「大人(うし)」、女性の場合「刀自(とじ)」をつけ「○○○○大人命」「○○○○刀自命」とする場合もあります。子供の場合「彦」「姫」をつけることもあります。

霊璽はさまざまな形があり、鏡などが使われる場合もありますが、角形の白木に上からかぶせる覆いがついたものが一般的です。スペースに余裕がない場合は、10名分まで1つにまとめることのできる回出型もあります。
覆いをとった中の白木の表面には霊号を「○○○○命之霊」、裏面には亡くなった年月日、亡くなった年齢を「平成○年○月○日帰幽 享年○歳」などと記入します。
霊号を書いた霊璽は、覆いをかぶせて祖霊舎の奥の内扉の中に祀ります。

霊璽の歴史

霊璽(れいじ)は元来、中国の儒教で祖先祭祀をおこなう際の祖霊の御霊代(みたましろ)として用いられ、木主(ぼくしゅ)・神主(しんしゅ)ともいわれていたものです。
これが仏教にも受容され、日本では中世に初めて禅宗で位牌が用いられ、江戸時代に広く普及しました。
近世以降、神職や学者により我が国固有の葬儀の形を求めて、神式の葬儀(神葬祭)を考究するさまざまな動きがあり、この中で、祖霊祭祀に対する考え方が近い儒教の制も参考としました。
現在の霊璽の形が、儒教のものと似ているのもこうした理由によるものです。

神式の霊璽の蓋は、ほかに御霊代として用いられる神鏡にも樋代(ひしろ)という蓋がされたり、祖霊の依り代となる霊璽が、直接、人の目に触れることを避けてのことと考えられます。
これは仏教と神道の根本的な性格の違いとして指摘されるように、仏教では本尊とされる仏像でも拝観の対象となりますが、神道の場合、神は形として目に見えぬ霊性であるといった考え方にも関連することと思われます。
霊璽は、日常は蓋をしたままの状態でお祀りをし、年祭や春秋季例祭(彼岸)、また中元祭(盆行事)などのお祭りに際しては、蓋を取ることもあります。

霊璽の材質・種類

霊璽は桧の素地を活かした白木造りのものや、錦で覆ったものがあります。
木地の種類としては、木曽桧に代表される桧がほとんどです。
また霊璽には一人用のものと、札板が10枚くらい入る回出型のものがあります。


霊璽 白木覆い

霊璽 鏡錦付覆い

回出型霊璽 鏡錦付覆い

神棚仏壇の通信販売

神棚仏壇がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。